鳥撮り我人生

クロツグミ

青空をバックに、木の梢で高らかに囀るクロツグミの美声がこの森に響き渡る

170624.jpg


スポンサーサイト

キビタキ

目映いばかりの新緑の季節、囀り終えた君がずっと私を見ていた

170620a.jpg

コルリ

霧に包まれ中、枯れ木に止まってじっとしていたコルリ

170614.jpg

サンコウチョウの営巣

2006年7月の営巣画像から

170620.jpg


ノビタキ

霧ヶ峰高原のレンゲツツジが、満開の時期にあわせ初めて訪れて見た。
現地に早朝到着したが、その名の通り濃い霧がかかり撮影出来る状況
ではなく抜けるのを待つ事にした。
標高1925mとなると、特に朝晩の冷え込みが寒く6月下旬でも冬装束の服装
でなければ凍えてしまう。日中は、涼しく快適である。
1時間程すると、ほぼ霧も抜けレンゲツツジにノビタキ(雄)が止まっているのを撮影
することができた。

170619.jpg


次のページ

FC2Ad